中小企業のITパートナー 事務局アウトソーシング・ホームページ・パンフ制作

SDGsの取り組み

株式会社イーテスは、地域の中小企業のITパートナーとして、製造業、商店街、企業団体、NPO法人様のITリテラシー教育・コンサルティングを推進すると同時に、女性が活躍できる職場環境づくりに力を入れています。

イーテスは、持続可能な開発目標(SDGs)の中で、次の4つの目標を推進しています。


目標 4.質の高い教育をみんなに

イーテスでは2000年の創業以来、首都圏の中小企業、自営業、教育機関の方々のIT活用教育に取り組み、大企業とのIT格差を縮めるため、中小企業などそれぞれの実情に応じたコンサルティングを継続していきます。

目標 5.ジェンダー平等を実現しよう

イーテスは、大田区の女性企業家5名の出資で2000年に創業以来、取締役は女性を登用しており、今後も女性役員による組織を継続します。また、子育て中の女性で専門性の高い能力のある人材を採用し、テレワークを中心に業務遂行しています。

女性のワークライフバランスを考慮し、女性が働きやすい環境を今後も作っていきます。

目標 8.働きがいも経済成長も

イーテスでは、家事・育児・介護などの負担を軽減するための知恵(上手な時間の使い方、効率のよい業務推進方法)を女性経営者・社員とともに考え、心身ともに健全で、働き甲斐のある職場づくり、生産性アップを目標とします。

目標 13 . 気候変動に具体的な対策を

イーテスでは、ペットボトルの飲料品を購入しません。水道水を浄化・水素水に変換するサーバを設置しています。職場の照明はLEDに変換、遮光遮熱用カーテンを設置、夏場の室温は28度に設定、電気使用量を毎年3%以上削減目標とします。テレワークを社員の7割以上週3日以上実施。通勤・外出は公共交通機関、徒歩、自転車移動に制限しています。

テレワーク・マスター認定(東京都)

株式会社イーテスは、東京都より、テレワーク・マスター認定状(3か月コース)を授与されました。

 

2021年6月~9月にかけてテレワーク定着トライアル期間中に「週3日、社員の7割以上」のテレワークを実施しました。

 

今後も引き続きテレワークを実施してまいります。

地方創生テレワーク推進運動に参画

株式会社イーテスは、 内閣府・内閣官房が推進する 「地方創生テレワーク推進運動」 の趣旨に賛同 し、推進運動に参加する為

Action 宣言」 を行いました。当該宣言が 本日 内閣府・内閣官房に正式に 受理され 、「地方創生テレワーク」事業のホームページに掲載され ました。

 

弊社では専門職スタッフを首都圏を中心に機能分散し、人材登録する方針を20年以上前の創業時から継続しています。特に、事務局業務スタッフ、デザイナー、ホームページ制作スタッフ、SE、DTP、動画撮影・編集スタッフなどのメイン職種に加え、税理士・会 計士、弁護士、弁理士、社労士、司法書士などについても、ほぼリモートワークを中心として業務を進めています。今後は更に関係ス タッフが地方に移住することができる働き方の推進や、地方拠点での採用や育成に力を入れ、地方創生に寄与していく所存です


内閣府・内閣官房「地方創生テレワーク」推進事業とは

都市部から地方への人の流れを加速させるとともに、地方の人口の流出防止、地方での雇用、新規ビジネスの創出など、多様な形で地方の活性化に貢献 すること 。また、「地方創生テレワーク」について企業・団体等からその趣旨に賛同を得て官民一体で推進する「地方創生テレワーク推進運動」を展開 します 。